昔ながらの街並みが残るローカルタウン・ホノカア





ハワイ島北東部、ハマクアコーストに位置しているローカルタウン・ホノカア。2009年に公開された映画「ホノカアボーイ」で一躍有名になった町です。素朴でのどかな田舎町にもかかわらず、名前を聞いたことがある!という方が多いのはこの映画の影響が大きいのではないでしょうか。



目次一覧
(クリックすると詳細へジャンプします)





ホノカアの歴史


かつてはサトウキビや牧畜で町が繁栄していたホノカア。今の街の様子からは想像つかないのですが、約100年前はオアフ島のホノルル、ハワイ島のヒロに続きハワイで三番目に栄えていました。そのサトウキビ農園などでは日系人が多く働いていたため、今でも日系人が多く、その文化も色濃く残っています。そのせいか私たち日本人にもどこか懐かしい、ノスタルジックな気分にさせられる雰囲気です。





ホノカアの中心部


ホノカアの中心はメインストリートであるママネストリート。メインストリートと言っても200メートル程度しかなく、徒歩であっという間に回れてしまうようなこじんまりした街です。こちらにレストランやカフェ、アンティークショップなどお店が集中しているので、散策しやすいです。

 



お勧め立ち寄りスポット


<Honokaa People‘s Theatre>
ホノカアボーイの舞台となった、ハワイ島一大きな映画館です。ホノカアボーイのプレミアム上映もこちらで行われました。このホノカアピープルズシアターは、さとうきびプランテーションが衰退して廃れていくホノカアの今後を案じた日系人のタニモト家によって、1930年に創業されました。1988年に一度閉館してしまったのですが、住民たちの強い要望により1999年に再開、今も映画のみならずライブがなどイベント開催されるなど、ローカルの人々を楽しませてくれる憩いの場所となっています。レトロな外観は昔の雰囲気そのままに、ホノカアの街のランドマーク的存在です。カフェも併設されています。

住所:45-3574 Mamane St. Downtown, Honokaa
TEL:808-775-0000


<TEX Drive Inn>
ホノカアで一番有名といっても過言ではないのがこちら、テックスドライブイン。1969年にポルトガル人が始めた老舗のドライブインです。こちらのシグニチャーメニューと言えるのがマラサダ。注文してから揚げてくれるのであつあつを食べられるのがうれしいです。フワフワでもちもち!TEXの四角いマラサダはくせになるおいしさです。日本人にはマラサダが圧倒的人気なのですが、ローカルの方はマラサダよりもプレートランチを食べている姿が多くみられます。日系の街だけあって味付けも日本人好みなので、マラサダだけでなくプレートランチやサイミンなどもお勧めです。

住所:45-690 Pakalana St. Hwy.19, Honokaa
TEL:808-775-0598

 



First Friday イベント

毎月第一金曜日に開催される街をあげてのイベント。この日ばかりはどのお店も遅くまでオープンしていて、メインストリートではライブやパフォーマンスが見られます。屋台も出店するなど、いつも静かなメインストリートが人々で賑わいます。タイミングが合えばイベントに足を運んでみては?ロコ気分が味わえて楽しいです。


 

古き良きハワイのぬくもりが感じられるホノカア。絶景の名所、ワイピオ渓谷へ行かれるならぜひ立ち寄りたい街です。映画を観てから訪れると、映画の風景がたくさん見られてより楽しめるかもしれません。のんびりと時間が流れるホノカアでゆったりと過ごしてみてはいかがでしょう。初めてなのになぜか懐かしい、そんな街です。