ハワイ島でレンタカーを借りる方法お役立ち情報

 

ハワイ島ビッグアイランドへの旅行するにあたり、レンタカーの利用は大変便利です。交通ルールの違い(左ハンドル、右側通行)などが不安でなかなか挑戦できない方も多いかもしれませんが、広大な土地をもつハワイ島は大変運転しやすく、美しい景色を楽しみながら広大な大地を走るのはハワイ島ならではの楽しみでもあります。今回は、ハワイ島でレンタカーの利用を検討している方が知っておくと便利な情報をまとめましたので、ご参考ください。






 

必要な持ち物

 

ハワイでレンタカーを借りる際には、日本の運転免許証とクレジットカードは必須です。国際運転免許証は基本的には不要ですが、万が一事故を起こした際に便利になる時もありますので用意しておくと良いでしょう。なお、ハワイでレンタカーが借りられる年齢は21歳以上。25歳未満の運転者は追加料金の支払いが必要になる場合があります。





 

コナ空港のレンタカー業者一覧

 

ハワイ島コナ空港に位置する大手レンタカー業者は、ハーツレンタカー、ダラーレンタカー、バジェットレンタカー、エイビスレンタカーなどが挙げられます。各社日本にも窓口があり、電話、インターネットからも予約することが可能です。日本からの予約の場合は保険や税金なですべてがパックになったプランなどもありますので、到着後スムーズに行動することができます。






 

保険について

 

保険の内容は複雑で、英語が堪能な人でも分かりにくいと言われています。一般的には、自動車損害賠償保険(PP)、自車輌損害補償制度(LDW)、追加自動車損害賠償保険(SLI)の3つに加入される方が多いようです。各保険内容の詳細は、以下のページをご参考ください。

レンタカーの保険 | ハワイ島ガイド






 

レンタカーの受け取り

 

空港に到着後、レンタカー会社の営業所までシャトルバスで移動します。日本から申し込みをしている場合は、営業所で予約確認書、クレジットカード、日本の運転免許証を提出し、契約事項を確認、レンタル契約書(レンタルアグリーメント) にサインをすれば手続きは完了です。






 

レンタカーの返却方法

 

帰りの便の空港に近づいてくると「Rental Car Return」のサインを見かけますので、これに沿って車を進めます。その後にレンタカー会社ごとのサインが現れますので、案内通りに進むと返却場所に辿り着くことができます。車を停車した後は、係員が手続きを進めます。






 

レンタカーを利用し、充実したハワイ島旅行を実現!

 

どこまでも続く道と地平線を走りながら、ハワイ島の各観光地を巡るのは爽快の一言に尽きます。各観光地を自由に移動したり、地元のショッピングセンターなどへも気軽に出掛けることができます。レンタカーを利用し、ハワイ島旅行をより一層お楽しみください。