ハワイ島コナコーヒー





苦みが少なく上品で柔らかな酸味と芳醇な香りが人気のコナコーヒー。日本でもファンは多く、ハワイ島へ行ったらコナコーヒーをお土産に、と思っている方も多いのではないでしょうか?



目次一覧
(クリックすると詳細へジャンプします)





コナコーヒーとは


その名の通り、ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培され、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という大変希少なコーヒー豆です。年間900tのコーヒー豆が収穫されています。コナ地区には火山(溶岩)が作る豊かな土壌、雨量、日照時間、昼と夜の寒暖差などーヒー栽培に理想的な条件が兼ね備えられているため、世界でも最高級と言われるコーヒー豆が育ちます。ジャマイカのブルーマウンテンと並んで世界最高のコーヒーです。 ハワイはアメリカ唯一のコーヒー生産地ということもあり、ホワイトハウスの公式晩餐会では必ずコナコーヒーが供されます。

コナコーヒーの主な栽培品種は「アラビカ種ティピカ」という青みがかかった緑色の大粒の豆。最高のコナコーヒーを作るためには、完全に熟した果実を選ばなければなりません。そのため摘み取り作業は、1粒1粒の熟成具合を見ながら行わなければならず、全て手作業。さらに、コナコーヒーは乾燥式ではなく水洗式で精製されます。とても手間がかかる製法ですが、その分精製度が高く高品質の豆ができます。





コナコーヒーの歴史


もともとハワイ島にはコーヒーの木が生えていませんでした。1825年にオアフ総督のポギ船長が当時の王様カメハメハ2世とロンドンを訪れ、初めてコーヒーを味わいました。ポギ船長はロンドンからの帰り道に立ち寄ったブラジルのリオデジャネイロでコーヒーの木を手に入れ、オアフ島でコーヒーを移植しましたがうまく育ちませんでした。ですが、3年後にサミュエル牧師がハワイ島のコナ地区に観賞用として自宅に植えたところ、ぐんぐん成長しました。これをきっかけにコナ地区でコーヒー産業が発展していったのです。当時この地域の多くの農家ではサトウキビを育てていましたが、サトウキビより収穫しやすく利益率が高いコーヒー栽培に転換する農家が増えて行きました。そして「コナコーヒー・ベルト」と呼ばれる、約2マイルにわたる地区を中心に、一大産業として発展していったのです。

 



コナコーヒーの品質基準


コナコーヒーはハワイ州の農務局によって公的にランク分けされています。一般的に、コーヒー豆はサイズが大きくなるにつれて、完熟度が高く、良い味になると言われています。豆のサイズを中心に、豆の外観、焙煎後の外観、コーヒー抽出後の味、欠点数、水分含量、規格外豆等の総合評価によってランク分けされています。芳醇な香りで全収穫量のわずか15%しかない、コーヒーの王様とも言える最高級のエクストラファンシーを筆頭にファンシー、No.1、セレクト、プライム、No.3と6段階に分かれています。等級が高ければ高いほど、その風味はまろやかで甘みがあります。コナコーヒーはブレンドして販売されていることが多いので、購入の際には配合比率の確認が必要です。ハワイ州では、内容量に対しコナコーヒー豆が10%以上のものは「コナ・ブレンド」と明記できると法律で定められています。ですので、比較的低価格で販売されているコナコーヒーは、コナコーヒーの割合が少ない場合があります。

 



コーヒー農園ツアー


ハワイ島には大小400近いコーヒー農園がありますが、農園ツアーや農園を公開している農園がたくさんあります。ハワイ島の人気の観光の一つとなっていますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。人気の農園をご紹介します。

1. UCCコーヒー農園
日本人なら誰もが知っているUCC珈琲の直営農園。総面積約14ha(東京ドームの約3倍)の広さで、一番人気のコーヒー農園です。事前予約が必要ですが、コーヒー農園や精製場所などを説明を聞きながら見学したり、実際にコーヒーの焙煎体験ができます。コーヒーの袋に自分の写真をラベルにして貼ることも可能なので、旅行のよい思い出となります。また、こちらでしか味わうことが出来ないUCCハワイ限定のコナコーヒーアイスクリームも絶品です。

住所:75-5568 Mamalahoa Hwy, Holualoa,
TEL:808-322-3789


2. 内田コーヒー農園
日系移民の内田さんご夫妻が1920年代に始めたコーヒー農園。コーヒー産業の発展に大きく貢献したこちらの農園では、当時のコーヒー農家や日系移民の様子を学ぶことができます。 「ホシダナ」と呼ばれるコーヒー豆を乾燥させる設備は、内田コーヒー農園で開発され、ハワイ島全土のコーヒー農園で今も同じ呼び名で使われています。こちらではフルーツもたくさん栽培されていて、新鮮なフルーツも味わえます。

住所:82-6199 Mamalahoa Hwy, Captain Cook
TEL:808-323-2006


3. グリーンウェルコーヒー農園
1850年代から続く、老舗のグリーンウェルコーヒー農園。日本人以外の観光客の比率が高く、ロコが一番お勧めする農園です。75エーカーととても広く設備も整っていて、コナコーヒーの収穫量はNo.1。約20%のシェアを誇ります。約20分程度ですが、農園を巡りコナコーヒーやこちらの農園の話が聞ける無料のツアーがあります。コナコーヒーの実から作られた「コナレッド」と呼ばれる珍しいエナジードリンクにもぜひチャレンジしてみてください。農園のある高台から海を見下ろす景色も美しくて必見です。

住所:81-6581 Mamalahoa Hwy、Kealakekua,
TEL:808-323-2295


 

豊かな香りと滑らかな口当り、そしてすっきりした味わいは、1度飲んだら忘れられないコナコーヒー。本場ハワイ島で、焙煎したてのコナコーヒーをぜひお楽しみください。